昌平中学校

昌平中学校トップページ > 教育内容 > グローバル人材育成プログラム

グローバル人材育成プログラム

IMG_5584 - コピー

世界を意識し、世界を理解する力を育成する取組を様々な角度から進めていきます。英語力はもちろん世界の文化や価値観の違いを理解し、広い視野を身につけ、グローバル化した社会の中でリーダーシップをとれる人材の育成を目指すプログラムです。

IB(国際バカロレア)MYPの認定校(埼玉県初 2017.3.17〜)

 昌平中学・高等学校が、2017年3月17日付で国際バカロレアの中等教育プログラム(MYP)認定校に決定しました。MYPの認定校は埼玉県では初となります。IBは、国際バカロレア機構が提供するチャレンジに満ちた総合的な教育プログラムです。世界140以上の国・地域において5,000校近くがこのプログラムを導入しています。本校は、グローバル人材育成プログラムの一環として、平成27年3月1日にIB候補校となって以降、2年間をかけて研修、授業実践等を行ってきました。平成29年度から本校の中学生全員を対象に、授業を日本語で行っています。高等学校は国際バカロレアのディプロマプログラム(DP)の候補校であり、平成31年高校入学生よりDPカリキュラムを開始予定です。

パワー・イングリッシュ・プロジェクト

グローバル化した社会に対応するためには英語力も必要です。パワーイングリッシュプロジェクトは全校生徒を対象とした徹底した英語強化の取り組みです。

国際交流の実践

  1. 希望者は姉妹校のあるオーストラリアへのホームステイなどを通じて実際に海外での生活を体験します。
  2. 姉妹校であるオーストラリアのスコッツスクールの生徒たちが、本校を定期的に訪れます。学校生活では各授業などで様々な交流行事が行われ、生徒がホスト役をつとめます。この間は本校のキャンパスが国際交流実践の場となります。
  3. 中学3年での修学旅行は海外での生活を全員が体験します。この時期までに学んだ国際対応力を試す機会となり、世界を身近に感じることによりグローバルな視点で物事を見ることの必要性を実感することとなります。

プロジェクト学習

世界を共通テーマにして、中学校の3年間取り組んでいきます。教員が一方的に教えるのではなく、生徒たちが自ら課題を見つけて探求していくプログラムです。世界中の様々な問題に気付き、正解のない課題に取り組んでいきます。
この取り組みを通じて様々な事象を多面的に捉えることの重要性を知り、グローバルな視点から広い視野で物事を見る目が育ちます。また、この取り組みを通じて教科学習への興味関心が育ち、学問に対するモチベーションが芽生え、自立した学習者の育成にもつながります。

「世界を理解する力」を養う

狙い

 生徒主体のプロジェクトに基づく学習を通じて、生徒を動機づけ自信を持たせ、自立した学習者にする。

すすめかた

 世界をテーマに、グループごとのディスカッションを重ねて、「課題を見つける」⇒「調べる」⇒「まとめる」⇒「発表する」という型を身につけていきます。
様々な問題に対して、主体的に課題に取り組めるようになります。

各学年の実施内容
学年 中学1年生 中学2年生 中学3年生
テーマ 世界は違う 世界に貢献 世界と働く

取り組み

途上国の課題に気付き、考える 行動を起こし、課題を解決する 自ら企画を考え行動する
奉仕活動を通じ、世界との関わりを考える

世界を意識したSW[スペシャル・ウェンズデイ]の取り組み

本校の特徴的な体験型学習SWにおいても、外務省訪問、各国大使館訪問、JICA(国際協力機構)訪問など、グローバル教育を意識したプログラムを様々行っています。

世界を理解できる外部施設の訪問(SWの取り組みから)

JICA

 アフリカや南米で青年海外協力隊として活躍した方の生の声を聞き、発展途上国の現状を理解します。

外務省

 外交の最前線で働く方に質問し、外国の人と働く難しさや、そこから得られる充実感を学びます。

Return to Top ▲Return to Top ▲