昌平高等学校

昌平高等学校トップページ > 学費軽減等補助制度

学費軽減等補助制度

高等学校等就学支援金

平成22年度から国による高校授業料無償化法が施行され、私立高校も「就学支援金」として支給されています。
平成31年4月より、マイナンバーに基づき保護者の地方税情報を確認した上で、支援の対象となる生徒を決定しております。就学支援金の支給遅延の原因にもなりますので、税の申告が済んでいない場合は、必ず事前に申告手続きを行っていただくようお願いします。

補助区分(所得要件)及び補助額
年収の目安(※1) 支給額(年額)
約590万円未満 396,000円(月額33,000円×12か月)
約590万円~約910万円未満 118,800円(月額9,900円×12か月)
約910万円以上 所得制限により支給対象外

(※1) 年収の目安は保護者のうちどちらか一方が働き、高校生1人、中学生1人の4人世帯の目安です。
高等学校等就学支援金制度:文部科学省

本年度より「高等学校等就学支援金オンライン申請システム e-Shien」を用いたオンライン申請となります。
既に受給している生徒について、継続意向確認・保護者等情報の変更・税の更正等を除く申請手続きは不要となります。
操作方法についてはお送りしたご案内、または以下「高校在校生・保護者向けご案内」の配布書類PDFより申請者向け利用マニュアルをダウンロードしてご確認ください。

高校在校生・保護者向けご案内

《令和4年度入学生》令和4年4月~6月分 意向登録及び認定申請
案内配布時期 3月13日(日)新入生ガイダンス 及び 4月5日(火)
書類配布方法 郵送(ログイン情報在中)
申請期間 4月11日(月)~4月20日(水)
申請方法 高等学校等就学支援金オンライン申請システム e-Shien
https://www.e-shien.mext.go.jp/
軽減方法 学費振替口座に振り込み(4~6月分:7月頃)
配布書類PDF
備考
  • 受給資格が認定された場合、以降在学期間中は自動的に継続審査されます。
  • 親権者の変更(離婚・死亡・養子縁組)や税の更正があった場合は、変更申請が必要です。 
  • 今回申請しなかった方、及び申請したが不認定となった方で再度申請を希望する場合は、次回(6月)案内時に申請してください。 
《令和4年6月現在受給している生徒》令和4年7月~翌6月分(3年生は翌3月分まで) 継続意向登録
案内配布時期 6月予定
書類配布方法 郵送
申請期間 未定
申請方法 高等学校等就学支援金オンライン申請システム e-Shien
軽減方法 学費振替口座に振り込み(7~10月分:10月頃/11~3月分:3月)
配布書類PDF  
備考
  • 親権者の変更(離婚・死亡・養子縁組)や税の更正があった場合は、保護者等情報変更届出が必要です。その場合は必ず事務室にお申し出ください。 
  • 今回継続受給を希望しなかった方、及び希望したが所得制限となった方で再度申請を希望する場合は、次回(翌年6月)案内時に申請してください。 
《令和4年6月現在申請していない、または受給していない生徒》令和4年7月~翌6月分(3年生は翌3月分まで)意向登録及び認定申請
案内配布時期 6月予定
書類配布方法 郵送
申請期間 未定
申請方法 高等学校等就学支援金オンライン申請システム e-Shien
軽減方法 学費振替口座に振り込み(7~10月分:10月頃/11~3月分:3月)
配布書類PDF  
備考
  • 受給資格が認定された場合、以降在学期間中は自動的に継続審査されます。
  • 親権者の変更(離婚・死亡・養子縁組)や税の更正があった場合は、変更申請が必要です。
  • 今回申請しなかった方、及び申請したが不認定となった方で再度申請を希望する場合は、次回(翌年6月)案内時に申請してください。

埼玉県父母負担軽減事業補助金

埼玉県在住の保護者(世帯)に対して負担を軽減する目的で支給するもので、就学支援金を補填するものです。
令和4年度の申請についてのご案内は6月頃お知らせします。

補助区分(所得要件)及び補助額(令和4年度)
補助区分(※1) 授業料 施設費等 入学金
生活保護世帯 全額-就学支援金受給額 全額 一律100,000円
家計急変世帯(※2)
年収500万円未満 387,000円(※3)-就学支援金受給額(※4) 200,000円(※3)
年収590万円未満
年収609万円未満
年収720万円未満

(※1) 年収の目安は保護者のうちどちらか一方が働き、高校生1人、中学生1人の4人世帯の目安です。
(※2) 家計急変世帯とは、保護者のうち前年の所得の多い方が失職・死亡・離婚等に該当、または所得半減に該当し、所得要件を満たしている世帯を指します。詳細はご案内にてお知らせします。
(※3) 実際に負担する授業料等が補助金額より少ない場合は、負担する金額が補助金額の上限です。
(※4) 就学支援金受給月額が32,250円を超える場合、32,250円に読み替えて補助額を算出します。

私立学校の父母負担軽減事業について:埼玉県

【埼玉県在住】高校在校生・保護者向けご案内

《全学年》令和4年度分 通常申請
案内配布時期 6月予定
書類配布方法 郵送
申請期間 通常申請:7月予定
家計急変世帯申請:随時(《全学年》令和4年度分 家計急変世帯申請をご確認ください。)
申請方法 学校に提出
軽減方法 学費振替口座に一括振り込み(12月頃見込)
配布書類PDF  
備考
  • 前年度受給した方も、毎年申請が必要です。 
  • 年度途中で埼玉県内に転入・県外に転出、転退学した場合は月割での支給となります。 
《全学年》令和4年度分 家計急変世帯申請(希望者のみ)
案内配布時期 6月以降随時
書類配布方法 希望者には事務室窓口にて配布
申請期間 6月以降随時(最終受付締切:令和5年2月中旬)
申請方法 学校に提出
軽減方法 学費振替口座に一括振り込み(通常申請:12月頃)
配布書類PDF  
備考
  • 補助対象となる家計急変事由・発生時期にご注意ください。
  • 急変時期や事由によりご案内する提出書類が異なります。事前に事務室にご連絡ください。
  • 家計急変世帯申請は令和5年2月中旬まで随時受け付けますが、6月時点で家計急変事由に該当している場合は速やかに申請してください。
  • 年度途中での急変の場合、月割での支給となります。

奨学のための給付金

全ての意思ある生徒が安心して教育を受けられるよう、授業料以外の教育費(※)負担を軽減するため、高校生等がいる低所得世帯を対象に支援を行う補助制度です。
令和3年度より入学時に負担が大きい新入生に対し、要件を満たし、希望する場合には給付額の一部(年額の1/4相当額)を一般申請より早く受給できる「早期給付申請」も始まりました。
令和4年度の一般申請及び家計急変世帯申請のご案内は7月頃お知らせします。

給付区分及び給付額(令和4年度)
給付区分 給付額(年額)
生活保護世帯 52,600円
非課税世帯 生徒が第1子の場合 134,600円
生徒が第2子の場合 152,000円
家計急変世帯(※1) 急変期間によって非課税世帯給付額を月割り

(※1)  令和4年度の住民税所得割に課税額があり、かつ親権者等が失業・死亡・離婚等に該当し、令和5年度の住民税所得割が非課税世帯相当と認められる世帯を指します。
(参考)非課税相当の目安…2人世帯:年収約204万円未満/3人世帯:年収約221万円未満/4人世帯:年収約271万円未満/5人世帯:年収約321万円未満

高校生等奨学給付金:文部科学省

【埼玉県在住】高校在校生・保護者向けご案内

《令和4年度新入生》早期給付申請(希望者のみ)
案内配布時期 4月中旬~5月13日(土) 
書類配布方法 希望者のみ事務室窓口にて配布 
申請期間 4月中旬~5月20日(金)
申請方法 学校に提出
軽減方法 学費振替口座に一括振り込み(7月頃)
配布書類PDF
備考
  • 早期給付と一般申請(7月以降分)がともに給付対象となった場合でも、給付年額は同額です。
  • 残りの給付額を受給するためには、7月に改めて申請が必要です。
《全学年》一般申請
案内配布時期 7月以降(高等学校等就学支援金受給状況等から随時)
書類配布方法 郵送
申請期間 7月下旬予定 
申請方法 学校に提出
軽減方法 学費振替口座に一括振り込み(12月頃~)
配布書類PDF  
備考  
《全学年》家計急変世帯申請(希望者のみ)
案内配布時期 7月以降随時
書類配布方法 事務室窓口
申請期間 随時(最終受付締切:令和5年2月中旬)
申請方法 学校に提出
軽減方法 学費振替口座に一括振り込み(12月頃~) 
配布書類PDF  
備考
  • 急変時期や事由によりご案内する提出書類が異なります。事前に事務室にご連絡ください。

【県外在住】高校在校生・保護者向けご案内

埼玉県外に在住の保護者は、以下文部科学省HP内「高校生等奨学給付金のお問合せ先一覧」を参考にお住いの都道府県にお問い合わせください。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/detail/1353842.htm

Return to Top ▲Return to Top ▲